しっぽのウズマキ問題

しっぽのウズマキ問題2010後日談です、併せてお読みください。

ピチピチの色男ぶぶひこの悩み。
それはチャームポイントでもある「ナケナシのしっぽ」のこと。
d0071970_11282265.jpg




フレンチブルドッグは尻尾がコブ状になっています。

肛門が隠れるくらいの長さがある子がほとんどか思われる中、
ぶぶひこの尻尾はコリっとチョビっと申し訳程度に膨らみがあるのみ。
触らないと確認できません。
つまりいつでも出血大サービスで黄門様、絶賛公開中。

困ったことにですね、ぶぶひこの尻尾は特殊構造!?になっておりまして。
尻尾の下が渦巻状になっており、人差し指第二関節の間までがすっぽり入ってしまうほど
奥行きがあるのです。
捻じれている皮膚に毛が密に生えているので、お手入れが大変困難です。

ケアに失敗すると尻尾の下が化膿して物凄い悪臭を放つことになります。
ティッシュ2枚重ねで拭いて、指先に汁が付いちゃった日には
キレイキレイで丁寧に2度洗ったって臭いが残るくらいの激臭ですよん。

ああ、無残なり。
d0071970_1093488.jpg
こちら治療後の写真です。
なんとなく肛門ふたつ持ってます風。
尻尾下の渦巻の毛をバリカンで刈って、届かない深層部は毛抜きで処置、
家では抗生剤の投与と塗り薬で治療します。


去年までは時々化膿するものの、病院に行かないで済んでいました。
シャンプーのときに臭い毛がゴッソリ抜けることがあり(化膿&臭いの元?)、
それで治っちゃっていたのです。
今年はいままで泣かされていた皮膚やら外耳炎治療での通院は1度も無いのに
尻尾問題が発生中。


尻尾の構造が悪の根源だす。
毛を刈っても全く意味なし。
通気性をどんなに良くしようとしても、構造的にとても無理!!
ほとほと困っています。
[PR]
by butamacha | 2009-08-17 11:30 | 病院編


フレンチブルドッグ ぶぶひこ(2006年4月29日生 ♂)の日常と生き様をブヒブヒ綴ります


by ぶたまちゃ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
散歩編
徒然編
成長編
cafe編
お出掛け編
旅行編
病院編
携帯電話から編
定点観測編
ぶたまちゃ編
未分類

リンク

画像一覧

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
more...

記事ランキング

タグ

(27)
(26)
(14)
(9)
(8)

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル

ブログジャンル

犬